生理について考えること

布ナプキンや下着を作り、女性の身体にとって何が本当に良いことなのか考えるように

なって、自ずと生理に対してもより深く考えるようになりました。

なので、ここでは店主が生理について思うことを。

古来からの生理にまつわる習慣に目を向けると、多くの地域で生理中の女性は別の小屋に

「隔離」する習慣があったことが分かります。日本も昔は「忌み小屋」というのがあった

そうです。他にも調理をしてはいけない、本を読んではいけない、畑へ出てはいけない、

など地域によって様々なタブーがあり、私の住むバリでも未だに、生理中はお供え物に

触れたりお寺に入ることを禁じています。

これらの多くの基本的な認識は「血は穢れ(けがれ)」です。

世界にはまだ、この隔離の習慣やタブーが根強く残っている地域があり、これが先進国から野蛮な風習や

女性差別として非難を浴びています。

 

けれど、私はこの全てが必ずしも野蛮や女性差別だとは思いません。それよりも、考え方によっては合理的だと思うのです。


例えば、たまたま女性だけが毎月「出血」するので女性差別と捉えられがちですが、

バリでは生理中だけではなく怪我などで出血している人なら男性でもお寺には入れません。

どのような形であれ「出血」は身体には負担です。通常営業ではなく、休むべき時間なのです。

また、血の匂いは肉食獣を誘いますから、タブーや隔離小屋などは、生理中の女性を

なるべく外へ出さず一箇所に集めて守るため、ひいてはコミュニティ全体を危険に

さらさず生き残るための知恵だったとも想像できます。

実際に私も、バリの生活にも慣れ子供達もある程度大きくなって、自分の身体を意識する

余裕が出てくると、生理痛はほとんどない私でも排卵と生理前には日中でも眠く頭の回転が

遅くなり、目の焦点も合いにくくなっていることに気がつきました。

仕事が立て込むと忘れてしまう程度の変化ですが、忙しくしていて身体の変化を無視すると、

かえって生理がスッキリ終わらなかったりします。 

昔の人達は、こんなちょっとの体の変化もきちんと感じ、あるいは観察していたからこそ、

様々なタブーも生まれたのでしょう。「穢れ」というインパクトの強い表現も、ある一定の

考えや習慣をコミュニティ内に共有し浸透させるための言葉の技巧だろうとも考えられます。

 

今は生理用ナプキンやタンポンの質も良くなり、月経の処理は昔に比べると格段に楽に

なりました。それなのに、生理痛やPMSに悩む女性は減るどころか、昔よりも多く

なっていると思います。

 どうしてでしょう。

 

もちろん、現代社会のストレスや食生活が大きく関わっていますが、私はもうひとつ、

現代の生理用品の多くが、生理中であることを忘れアクティブに過ごせる(サラサラ

出血を感じない、普段通りに動いて大丈夫、など)ことが良いことと謳っていることが、

問題ではないかと思っています。生理は本来不快なものであり、だから感じない方がいい、

忘れられた方がいい、と思わされている、ということです。

 

私はそれよりも、生理とそれに伴う身体の変化をきちんと認識して大事に過す意識と

それができる環境が許されるなら、そのほうがずっと健康で幸せではないか、と思うのです。

本来起こっている身体の、それも出血を伴うような変化を「忘れてしまおう、ないことに

しよう」というのは、どこかに無理があることなのですから。

では、理想的な生理の迎え方、過ごし方とは具体的にどんなものでしょう。

これについては、店主にいつも貴重なアドバイスを届けてくれるアロマセラピストの

荒井瞳実さんがご自身のブログでご紹介されているので、こちらをぜひお読みください。

ここに書いてあることをすべて実行するのは難しと思います。

また、女性の生理の影響は個人差があり、どこまで「休む」必要があるか、

何が快適か、どう生きたいか、すべて人それぞれだと思います。

 

けれども、このいくつかでも、ほんのちょっとでも、

自分の意識や実際の生活に取り入れることができたら、そしてそういう女性が増えたら、それだけでも生理は

随分と過ごしやすいものになると思えてなりません。

 

そしてそして、そのことで女性達が本来の自信と

エネルギーを取り戻し、さらに過ごしやすい社会の

仕組みの道筋を作っていくことになれば、とルグの

店主は夢想しているのです。


toko-toko jual produk Rungu

Rungu's pads are available at

Bali Buda, Bali


shipping to Japan

Rungu's online shop


© Rungu 2011

All Rights Reserved.