ほつれを直すこと

モノは長く使っていると、どこかしらダメになったり壊れたりします。

ルグのゆるりパンツやゆるり*ブラで一番多いのは、本体と紐が縫ってある

その一番はしっこのほつれてくること。弱点があるとすればここだろうなぁ、

と店主も思っている、まさしくそのポイントです

布の柔らかさを残すこと、そして小さな縫製工房の縫製技術で作ることを

考えると現状の縫い方が最善とはいえ、これは本当に心の痛いところです。

 

でも最近は、このままでもいいのかも、と考えを変えました。

お客様に「ほつれたところをちょいっと縫って、まだ使ってるわよ」とよく言われるからです。

「ほかの物だとどう直していいかよく分からないけど、ルグのは

単純だから、見てると直せそうな気がしてくるの」と

 


もちろん、丈夫で長持ちすることが一番なのには間違いありません。改善の努力を怠っている、と言われても、自分でもそうかなとも思います。

 

ですが、現代で忘れがちな「衣類を直しながら

長く着る」ということを思い出すきっかけに

なるのなら、いっそ、ほつれてきちゃうのも

悪くないかも、とも思うのです。

 


一つのものを長く使う、これもとても大切なエコ活動の一つです。

それなのに私たちの周りには、直して使えるもの、直しても使いたいと

思うものが、あまりにも少ない気がします。まさしく消費社会です。

そんななかで、お客様のほうから「直したよ」と言っていただけると、

「ダメになったから新しいの買うわ」と言われるより嬉しいです。

 

ということで、もしもルグのパンツやブラのひもがほつれてしまったら、

是非、まずご自分で針と糸を手に取って直してみてください。

縫ってあるところはすべて直線ですし、ちょっと縫い目が曲がっても

目立たない布ですから、意外と簡単に直せますよ!

そしてこれで味をしめて、次は、このシャツも直せるかも、なんて思いが

頭をよぎったら万々歳!

 

そんなふうに、ルグの商品の弱点も店主の開き直りも役に立つことも

あるのよ!と胸を張れる日を楽しみしています。

toko-toko jual produk Rungu

Rungu's pads are available at

Bali Buda, Bali


shipping to Japan

Rungu's online shop


© Rungu 2011

All Rights Reserved.

find our privacy policy here