素材のこと

正確には

「オーガニックコットンを使うということ」

現在ルグの商品では「ゆるりパンツ」と「ゆるり*

ブラ」に、オーガニックコットンを使用したものが

あります。

けれど、単純に「オーガニックだから肌に安全、

環境に良い」とは言い切れないのではないか、とも思っています。


バリで入手可能なオーガニック・コットンのニット(Tシャツ)生地は、生成りというよりオフホワイトの、化学染料や草木染めで染めた場合も思った色が出しやすい仕様になっています。

これは、材料となる綿はオーガニック栽培のものを使い、布にする過程で真っ白までとは

言わずともある程度漂白して色味を整えている、ということです。

これが、バリで手に入る(=ルグが使っている)「オーガニック・コットン」です。

万が一色の調整をしなくても、布にするまで工程ではオーガニックでない綿と同じように工業機械を使って綿を糸にし、生地を織りやすくする為にワックスや工業油が使われます。日本で最近多く安価に流通するようになった「オーガニック・コットン」製品の多くも、価格から判断するにオーガニックではない綿と同じ行程で布にする加工がされていると思います。

もちろん、製造過程まで厳密に管理して化学処理を最小限にしている生地製品もあり、ルグもそういう生地が使えれば理想的ですが、非常に高価ですし、それ以前にバリでは手に入りません。

それでも農薬による土地の汚染や農家の方々への健康被害を考えれば、選択肢がある限りオーガニック栽培の方が良いと思います。また、オーガニックコットンの製品を買うということは、環境や綿花農家の人々を農薬の害から守ることに加え、利益本位の生産体制や企業に対するアクティブな「反対」の意思表示のなのだと、ルグは考えています。

そういう理由から、ルグはバリで手に入るオーガニック・コットンのニット生地を使うことにしています。でもこれは絶対的に「良い」のではなく比較的に「より良い」選択なだけだ、ということは、忘れずにいたいと思います。

ちなみに、良く間違われるのですが、ルグの布ナプキンのネル生地は無漂白無蛍光(=化学処理での色の調整をしていないということ)で、オーガニック栽培のコットンではありません。オーガニックのものを使えれば一番良く、その夢も捨ててはいませんが、価格との兼ね合いなどで、今のものに落ち着いています。

toko-toko jual produk Rungu

Rungu's pads are available at

Bali Buda, Bali


shipping to Japan

Rungu's online shop


© Rungu 2011

All Rights Reserved.