デザインに思うこと

以下、ルグ・オリジナルの「ゆるり*ブラ」のデザインにまつわり、店主が思うことです。

2014年3月に発売したねじって着る「ゆるり*ブラ」は、本当に多くの方からデザインと

発想のユニークさ、そして何よりも使い心地の良さにお褒めの言葉を頂いております。

同じく多くの方から、「特許とか取った方が良いよ」というアドバイスも頂きます。

応援(心配?)してくださる皆様の気持ち、本当にありがたいです。

 

なので、ここで特許について思うことの話です。

 

ルグはゆるり*ブラの特許や実用新案等の申請はしないでいこうと思っています。

それはこんな訳です。

 

特許を取得していれば、他の人が私のアイデアで儲けようとしたら、それはするな、と法的に主張できるようです。

けれど、そのためには、どこかで誰かが私のアイデアを「盗んでいる」のではないか、と目を光らせていなければいけません。そして、見つけたら追い込み潰す。そんなネガティブなエネルギーは私にもルグにも要らないな、と思うのです。


のんびりしている隙に別の人が特許申請してまったら、ルグがゆるり*ブラを作れなくなることもあるよ、とも言われました。それは困ります!けれど、特許自体がそんな「先に取った者

勝ち」の制度ならば、ますます頼りにはしたくない気もします。

バリの伝統音楽であるガムランは昔、新しい曲が出てそれが

流行ると、その曲の一部が他の曲に使われる、ということが

よくあったそうです。これは「盗む」ということではなく、

あまりに素晴らしいので自分の曲にも取り入れました、と

いう、もとの作曲家に対する敬意の意味だったそうです。

 

私も、作曲家への敬意と同じとまでは言わなくても、

オリジナルを尊重する気持ちを感じることが出来れば、

ゆるり*ブラのアイデアが手元を離れて広がっていくのも

幸せだ、と思いたい。


とは言ってもやっぱり、ルグのアイデアで他の人が成功したりしたら、面白くないなぁ、と

思ってしまう自分も十分想像出来ます。だから同時に、世の中の、ものを作ったりデザイン

したりする人達の、「アイデア/デザインのオリジナリティ」ということに対する意識と、

彼らの自分の仕事に対するプライドに期待していたりもします。

 

こんなジレンマを抱えつつ、悟りの世界もまだ遠いルグではありますが、引き続き応援(心配)していただけたら、それほど嬉しいことはありません。

 

これからもルグと未熟な店主をよろしくお願いいたします。

 

2014年9月9日 満月

   ルグ店主 紗久間あや

 

toko-toko jual produk Rungu

Rungu's pads are available at

Bali Buda, Bali


shipping to Japan

Rungu's online shop


© Rungu 2011

All Rights Reserved.